食の安全・安心・信頼のため 幅広い分析にご対応! 栄養表示成分分析・残留農薬・微生物検査・異物鑑別 etc. 食品全般の分析を承ります。

HOME>食品分析 >栄養成分分析・成分分析

栄養表示成分分析について

平成15年5月からの健康増進法の施行に伴い、「栄養表示基準」制度が制定され、平成27年4月1日、新たに食品表示法が施行されました。 原則としてすべての消費者向けの加工食品、食品添加物に栄養成分表示が義務化されます。 加工食品は製造工程で成分量が変化する場合があり、原材料である農作物や畜産物は産地・品種・個体差なども栄養成分は大きいばらつくことがあります。 表示基準に沿った適切な表示を行うためには理論値ではなく、実際の分析値に基づいた栄養成分表示を用いることを当社では推奨いたしております。

食品表示に必要な栄養表示成分をセットでまとめた便利な分析セットを

各種ご用意しました


栄養表示成分一斉分析 7項目

①水分 ②たんぱく質 ③脂質 ④灰分 ⑤炭水化物 ⑥ナトリウム(食塩相当量) ⑦熱量

基本的な食品表示に必要な、栄養成分7項目の一斉分析セットです。

※ 新しく義務化された食塩相当量の結果も無料にて栄養表成分7項目一斉分析に組み込まれております。

栄養表示成分一斉分析 8項目

①水分 ②たんぱく質 ③脂質 ④灰分 ⑤糖質 ⑥食物繊維 ⑦ナトリウム(食塩相当量) ⑧熱量

基本的な食品表示に必要な、栄養成分7項目と糖質・食物繊維をプラスした一斉分析セットです。

食物繊維含有量が多い食品の表示にお勧めです。

※ 新しく義務化された食塩相当量の結果も無料にて栄養表成分7項目一斉分析に組み込まれております。

香港向け 栄養表示成分一斉分析 13項目

香港向け輸出用食品の栄養表示のための成分検査です。

①水分 ②たんぱく質 ③総脂質 ④灰分 ⑤炭水化物 ⑥糖質 ⑦食物繊維 ⑧ナトリウム ⑨熱量 ⑩飽和脂肪酸 ⑪トランス脂肪酸  ⑫アルコール(アルコール飲料・アルコールを含有する菓子類の場合のみ分析)⑬有機酸※ご依頼の際は、会社名・検体名の英語表記を必ずご記載ください

食品表示義務のある項目以外の栄養表示成分分析項目です


ミネラル分析

ミネラル分析は蛋白質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられ、身体の中でつくり出すことはできないため、他の食品から摂取しなければならない重要な栄養素です

脂質・脂肪酸分析

食用油の主成分である脂質は、たんぱく質、炭水化物とならぶ三大栄養素の1つで身体活動のエネルギー源として不可欠です

トランス脂肪酸は日常的にとりすぎる場合、生活習慣病になるリスクが高くなると言われております

有機酸分析

有機酸には様々な種類の酸があり、腸内細菌を整えたり、悪玉菌の発生を抑制したりする働きがあることでも知られています。そのため食品添加物としても使用されているものも多くあります。

ビタミン分析

ビタミンは、微量でタンパク質や糖質、脂質などの代謝調節に関与する必須栄養素です

ビタミンは体内でほとんど合成されないため、食品から摂取する必要がある成分


栄養表示成分分析・その他成分分析・分析に関する、疑問・お悩みなどがございましたらお気軽にご相談ください。

食品分析に関する専門家が、お客様のご状況に合わせて最適な分析をご提案します。


<初めて栄養表示成分分析をご検討されるお客様>

「どんな検査をすればいいのか?」「費用はどれくらいかかるのか?」など

専門スタッフによる無料相談(電話・メール)で対応しております。