幅広い食品分析に対応

HOME >食品分析

食品分析の様々なニーズに対応致します

アレルギー食品検査センターは、様々な食品分析項目に対応しております。

栄養成分分析、食品保存試験など、食品を販売する為に欠かせない検査をはじめ、異物鑑定・微生物検査・カビ毒検査等

クレーム対応に関する食品検査にまで幅広く対応しております。


食品分析項目一覧

食品表示に関する食品分析、食の安全性の確認、食品のクレーム対応にお役立ていただける分析受託項目に対応しています。

食品表示に関する検査をご検討の方 → 栄養表示成分分析、ミネラル・重金属分析、食物アレルギー物質検査、食品保存試験 等
食品の安全性について確認をご検討の方

→ 残留農薬・抗生物質分析、放射能測定、微生物(細菌・ウィルス)検査、カビ毒分析 等

食品のクレーム対応をご検討の方

→ 異物鑑別、微生物(細菌・ウィルス)検査 等


食品検査別の内容

栄養成分表示に必要な義務表示7および8項目対応のセットをご用意しています。

賞味期限設定のために過酸化物価(POV)と酸価(AV)を検査します。

食品・珈琲豆・ほうじ茶などに含まれるアクリルアミドを測定します。

食品・飼料のカビ毒一斉分析/個別分析を検査します。

生活習慣病等の健康リスクになる飽和脂肪酸を測定します。

食品全般に含まれるミネラル成分を分析します。食品表示に利用できます。

試料に含まれる有機化合物の定性・定量分析をおこないます。

専門知識を持ったスタッフが、食品に混入した異物を鑑別します。

●食物アレルギー物質検査

食品に含まれる食物アレルギー物質を検査します。

脂肪酸の一種である不飽和脂肪酸を測定します。

カドミウム・ヒ素・鉛等など食品中の重金属分析をおこないます。

ハムなどの保存料として使用する亜硝酸の残留量を検査します。

使用・違反頻度の多い5種類の食品添加物の使用濃度を検査します。

一般生菌数・大腸菌群・食中毒菌など細菌検査を行います。

生活習慣病のリスクとして指摘されているトランス脂肪酸を測定します。

残留農薬一斉検査は最大547項目に対応しています。

 

栄養成分表示のためにビタミン類の含有量を測定します。

食品の安定性や保存性、品質の管理のために必要な水分活性を検査します。

食品中の抗生物質(動物性医薬品)一斉分析します。

●検便

調理従事者等は検便検査が法律的に義務付けられています。

詳細は弊社までお問い合せ下さい。

トランス脂肪酸・飽和脂肪酸およびコレステロール含有率を測定します。

食品に含まれる糖度を0~90%までのBrix値として測定します。

食品の賞味期限設定に必要な保存試験を行います。

飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸など脂肪酸の組成を定量します。

分析についてご不明な点がございましたら、専門スタッフが無料にて御対応致します。遠慮なく相談ください。



■ A characteristic of FARLー


<FARLは食環境衛生研究所の分析窓口として幅広い食品分析をお受けいたしております>

(注:食物アレルギー物質検査はFARLが実施、食環境衛生研究所は対応致しません)

※分析のご依頼、ご質問・ご相談、検体の受付、結果速報、納品書・請求書の発行 等はすべてFARLが窓口となっております。

※分析報告書は食環境衛生研究所が発行いたします。

(食環境衛生研究所は分析・報告書発行以外の実務は対応致しません、結果に関するご質問・ご相談等も全てFARLがご対応致します)

FARLが株式会社食環境衛生研究所をお薦めする3つの理由!

1)たくさんの公的機関・研究機関から受託を受けてきた確かな実績。
2)食品検査から畜産物検査、食品衛生コンサルディングまで幅広い対応。
3)コストの見直し: 現在の分析料金とご比較ください、コスト削減をご提案いたします!

・食環研の通常価格より更に値引きした料金を多数設定しております。 (分析料金表をご参照下さい)

(※ 食環研に直接依頼した場合と比較して、分析納期や結果速報、報告書発送にタイムラグはありません)

<初めて食品分析をご検討されるお客様>

「初めて食品分析をお願いするが、どの項目までを分析するべき?」

「費用はどれくらいかかるのか?」など

専門スタッフによる無料相談(電話・メール)で対応しております。

お気軽にお問合せ下さい。