アレルギー検査 Professionalによる 事前・検査後の充実サポート!  ■アレルギー表示義務に関するお問合せ ■お客様の用途に合わせた最適な分析のご案内 ■事前にアレルギー検査法についてのご説明 ■分析後の結果に関するアドバイス  通知法分析エライザ法16000円~14000円/簡易分析イムノクロマト法4000円

HOME >食物アレルギー検査

食物アレルギー物質検査

環境の変化や食品中への化学物質の増大など、様々な要因によりアレルギーの増加が問題視されております。

食物に関しては乳幼児から成人まで特定の食物が原因でアレルギー症状を起こす人が増えており、中には死に至るほど重篤な症状の方もいらっしゃいます。

そのためにも食品中のアレルゲンに関する正確な情報の提供が必要となります。

 

現在は特定原材料卵・牛乳・小麦・そば・落花生・甲殻類(えび、かに)の7品目が表示を義務付けられるほど、アレルギー患者にとって重要な情報であり、

食品提供する側にとって最も配慮しなければならないひとつとなっています。

 

専門スタッフによる無料相談(電話・メール)を行っておりますので、ご検討されている方は是非お気軽にお問合せ下さい。 

クレーム対応中などお急ぎの方もお問い合わせ下さい。

※ 注意

弊社の食物アレルギー物質検査は食品中に含まれる卵・牛乳・小麦・落花生・そば・えび・かに その他が含まれているかどうかを調査するものです。

個々人が何のアレルギーを持っているのかを調査するものではありませんので、ご理解の程よろしくお願い致します。


■ 選べる特急サービス  超特急/特急/3営業日

食物アレルギー物質検査の特急サービスです。即日~3営業日以内にご報告します。

即日報告

【超特急】

●イムノクロマト法

●検体到着日 当日に結果報告

●料金 1項目¥10,000

●要 事前相談

翌日報告

【特急】

●イムノクロマト法

●検体到着日 翌日に結果報告

●料金 1項目 ¥7,000

●要 事前相談

3営業日報告

【特急】

●ELISA法

●検体到着日の翌日起算 3営業日

●料金 1項目 通常料金の1.5倍



アレルギー食品分析の重要性

アレルギーを引き起こす可能性がある食品原材料として、表示義務が定められている乳・卵・大豆・そば・小麦・落花生・えび・カニ等については必ず混入の有無を明記しなければいけません。アレルギー物質検査は法律で定められた方法で実施する必要があり、陰性表示の際に混入が疑わしい場合はその含有量が10ppm未満で有ることを確認する必要があります。 アレルギー体質の人は、特定のたんぱく質に対して抗原特異的IgE抗体(免疫グロブリンE)を作りやすい免疫傾向があります。 アレルギー物質を摂取することで、アナフィラキシーショックと言われる、呼吸困難、血圧降下、意識を失うなど、急性のショック状態を伴う反応が起こる場合もあり、確認試験は必須となっております。

食品表示

食品表示違反については、消費者の目が厳しくなっている昨今、行政指導が実施されます。また、食品表示違反となってしまうと、多大なイメージダウン・回収などのコスト増が考えられ、定期的に商品の安全と表示の適正化を図るためのチェックをお勧め致します。食品への特定原材料の混入は、原料からのキャリーオーバー・製造ラインでのコンタミネーションにより生じます。製品はもちろん原材料についても管理・把握する必要があります。当社はアレルギー食品検査に特化して低コスト・多品目で対応致します。

国内のアレルギー原因比率と表示違反発生時のリスク

製造工程洗浄の確認検査

製造工程洗浄の確認検査を受託しております。製造ライン洗浄後、製造ラインにアレルギー物質が残留していないか検査することができます。

初めてアレルギー食品検査をご検討されているお客様へ

どの品目を依頼すればいい?

何品目が普通なのか?詳細だと何品目?その違いは?
何を送れば対応してもらえるのか?
相場はどれくらいなのか?
納期はどのくらいみればいいのか? など

専門スタッフによる無料相談(電話・メール)を行っておりますので、ご検討されている方は是非お気軽にお問合せ下さい。

アレルギー検査関連情報

消費者庁から公表されているアレルギー表示に関する情報や、検査方法など


食物アレルギー検査に関する、疑問・お悩みなどがございましたらお気軽にご相談ください。

専門家がお客様のご状況に合わせてご提案いたします。