【食中毒菌】O-157検出 冷凍食品5万個自主回収へ

静岡県沼津市の食品会社が販売した冷凍食品から病原性大腸菌O-157が検出されたため、全国に流通している約5万個の商品が自主回収されることになった。
自主回収されるのは「メンチカツ」と「コロッケ」の2つの商品。

メンチカツを食べた人から腹痛の訴えがあり、保健所が調べたところ、メンチカツからO-157が検出されたという。

商品を製造し沼津市のメーカーは、先月、神奈川県で起きたO-157による集団食中毒の原因とみられる別の冷凍メンチカツも製造していた。

2つの商品は全国で約5万個流通しており、「見つけたら食べずに連絡してほしい」と呼びかけている。

 

O-157の感染力は非常に強く、低温に強く冷凍庫内でも生き続けています。冷凍食品を食べた人が被害にあるのはそのためです。しかし、熱に弱いためしっかりと加熱調理することで感染は防げぎましょう。

製造業者がO-157における事故を防ぐには、衛生管理の徹底以外にありません。

定期的に微生物検査(細菌検査)を行い、品質管理をおこなって下さい。

 

微生物(細菌)検査はこちらを薦めしております。

一般生菌数検査、大腸菌群検査、O-157検査