農作物/食品/水質/土壌 等 (法人・個人) 放射能測定いたします!  ■放射能測定に関するお問合せ ■お客様の用途に合わせた最適な分析のご案内 ①飲食に関する安全の確認 ②外部への安全証明のために ③社会的な信頼向上

HOME >放射能測定

放射能分析(放射能測定)

<初めて放射能分析をご検討されるお客様>

「放射能分析の基準値は?」「こんなものは調べられるの?」

「費用はどれくらいかかるのか?」など

専門スタッフによる無料相談(電話・メール)で対応しております。

お気軽にお問合せ下さい。



放射能測定(放射能分析)の基準値

2011年3月11日、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故に係る内閣総理大臣による原子力緊急事態宣言が発出されたことを受け放射能分析に対応することになりました。

 

2012年4月1日以降は右図のように基準値が変更されました。

○旧基準値

食品群 基準値
飲料水  200 Bq/kg
牛乳・乳製品  200 Bq/kg
野菜類  500 Bq/kg
穀類  500 Bq/kg
肉・卵・魚・その他  500 Bq/kg

 

 

 

 

 

 

 

○新基準値

食品群 基準値

飲料水・飲用茶

 10 Bq/kg
牛乳・乳飲料  50 Bq/kg
乳児用食品  50 Bq/kg
一般食品  100 Bq/kg

放射能分析で使用する機器

放射能分析装置

 

■ ゲルマニウム半導体検出器 ガンマ線スペクトリメトリー

■ NaIシンチレーション検出器 ガンマ線シングルチャンネルアナライズ

&nbsp

測定各種 放射性ヨウ素131

放射性セシウム134 / 137


(ご注意)

※未完熟な堆肥や汚泥等一部検体、また事前確認で高濃度の放射性物質が確認された場合は検査をお引き受けできない場合がございます。

着払いにてご返却させていただきますことをご承知願います。

※余剰サンプルなどは着払いにて返却をさせていただくことがございます。

※検体による相互汚染防止のため気密性の高い状態で、ビニール袋やポリ容器にて御送付ください。