HOME >食品分析>微生物検査

微生物検査(細菌検査・ウィルス検査)

微生物検査(細菌検査・ウィルス検査)について

 

 「腸管出血性大腸菌O157」や「ノロウイルス」「黄色ブドウ球菌」など

微生物汚染は人知れず拡大・増殖し、被害が甚大になるケースがあとを絶ちません。

これら微生物汚染の怖いところは、目に見えず、知らない間に増殖し、汚染が広がる可能性があることです。
最近やウイルスが原因の食中毒による健康被害は毎年ニュース等で取り沙汰されています。
食中毒事故を未然に防ぐには、製造原料、製造工程、製品保存等様々な観点から制御を行う必要があります。

 

微生物検査は食中毒事故などの発生を防ぐための衛生管理に欠かすことができない検査です。

食品の安全・安心への注目は年々高まっていますが、食中毒は毎年ニュースでも取りあげられています。

法律でも自主的な衛生管理が求められています。

食品製造に携わる企業にとって、微生物検査による衛生管理は欠かすことができません。

自主検査、お取引先への提出書類、万が一のクレーム対応などにご活用ください。

 

微生物検査の特徴

製造原料

輸入原料、国内産原料の食中毒菌汚染の確認にご利用いただけます。

 

製造工程

製造ラインからの汚染の確認などにご活用いただけます。

 

製品検査

出荷製品の微生物数確認(規格基準検査)、賞味・消費期限設定の為の検査など

出荷製品の衛生管理にご活用いただけます。

微生物検査のご利用用途

・ 微生物による汚染の確認

・ 製造ラインの付着菌検査

・ 賞味・消費期限設定の為の微生物検査

・ 製造施設全体の衛生検査

・ クレーム発生時の食品汚染原因検査

微生物検査 推奨項目

  一般生菌数 大腸菌群 大腸菌 黄色ブドウ球菌 腸炎ビブリオ サルモネラ ウェルシュ菌 セレウス菌 腸管出血大腸菌O157 ノロウイルス
牛肉・豚肉・鶏肉        
食肉製品          
生鮮魚介類          
魚肉練り製品            
生食用カキ            
野菜・果実        
カット野菜            
卵・卵加工品            
弁当・総菜・調理パン  
給食調理    
豆腐類            
乳・乳製品              
和洋生菓子            
アイスクリーム              
冷凍食品              

表の見方

◎:通常は検査する項目

○:本来は検査した方がよい項目

△:安全性最優先の場合、検査する項目

● 検査日数の目安

検査項目 納期
一般生菌数 5営業日
大腸菌群 5営業日
大腸菌(E,coli 5営業日
黄色ブドウ球菌 5営業日
腸炎ビブリオ 5営業日
サルモネラ 5営業日
ウェルシュ菌 5営業日
セレウス菌 5営業日
腸管出血性大腸菌O157 5営業日
ノロウイルス 7営業日

※ 結果判定が早く出た場合は前倒しで報告いたします。




微生物検査(細菌検査・ウィスル検査)に関する、疑問・お悩みなどがございましたらお気軽にご相談ください。

食品分析に関する専門家が、お客様のご状況に合わせて最適な分析をご提案します。